ホーム > 保険代理店 > 保険金請求事例~介護事業者編~

保険金請求事例~介護事業者編~

[ 2014年03月17日 ]

皆様早いもので3月も半ばになり年度末ということで世の中の動きも盛んなようです。

今年は4月から消費税が増税されるので駆け込み需要で業種によっては

品切れが続出しているとの噂をよく耳にします。

さて、今回の保険金請求事例は介護事業者で先日あった請求をご紹介します。

訪問介護の家事援助の為ヘルパーさんが利用者宅で清掃中に花瓶を落とした際に

ガラスケースの一部を破損したとの事。

社長様から連絡が入り、ただ事ではない様子でしたの早速写真を撮りに行ってきました。

家の中には骨董品の山(^^♪ 

今まで見たことの無いような品々でした・・・。

問題のガラスケースも聞くところによるとアメリカ製で1900年代の物との事・・・。

 

幸いにも被害者様はとても心優しい方でした。

結論から言うと時価額での試算で決定保険金額は70万円-自己負担分5,000円=695,000円のお支払いに

 

話し込んでいるうちに話題は自動車保険へ。

どうやら任意保険に加入していない様子(相当なお金持ちか?)”(-”"-)”

君の所で入るから試算してきてということで被害者様がご契約者様へ【10年しているといろんなことがありますよ( ゚Д゚)】

実は落ち話がありまして免許証の有効年月を聞くために免許証を見せて頂いたところ 有効年月25年12月!?!?!? 

 

エエエッ切れてますやんか・・・。そこからその後老人は超パニックでしたが何度も

『あんたに

あわへんかったら大変やったわ』とさ。感謝されるってもちろんうれしい事ですが

 

私自身さらに付加価値を求められるってことですのでまずは””凡事徹底””

保険金請求事例~介護事業者編~のTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面