ホーム > 保険代理店 > 増加する自然災害

増加する自然災害

[ 2014年03月15日 ]

夏の時期『朝は晴れていたのに午後は突然の大雨』こうした天候の変化は積乱雲によるものです。

 

積乱雲は気象条件がそろうと30分くらいで一気に発達します。急に発達するため

 

不意打ちを食らい被害につながるようです。

 

積乱雲が引き起こす現象には急な大雨・竜巻・雷があります。

 

雷による死亡者も毎年のように起こっています。

 

雷の直撃を受けると約8割の人が死亡します。

 

雷は高いところに落ちやすいので周囲よりも自分が高くなるような広い場所にいると

 

 

危険です。木の下で雨宿りしていて死亡するケースも目立ちます。

 

木よりも人間の方が電気を通しやすい性質があるので木に落ちた雷が

 

そばの人間に飛び移るため木下は非常に危ないことを知っていてください。

 

増加する自然災害のTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面