ホーム > FPセンター 保険代理店 > 来店型保険ショップを考える

来店型保険ショップを考える

[ 2012年06月08日 ]

東京都を中心に日本全国に2000店舗が介在するいわゆる保険の来店型ショップ!!

主に生命保険の見直しの際にニーズがあるようです。

しかしながら先行投資型のビジネスモデルであり黒字化までに

最低でも2~3年はかかるようです。

集客が命ででもあるのでいかにして集客するかがキーになる。

そうすると24時間年中無休の大型ショッピングモールに入ったり

すると髙コストになるのでやり方や地域性次第では2年もたない店舗もあるそうです☆

               (2012年5月号FPジャーナルより一部抜粋)

我々(専業保険代理店)を取り巻く環境も年々厳しいものです。

2003年の金融自由化以降メーカー(保険会社)の締付けがきつくなり

代理店規模や業務品質・損害率が手数料の評価基準となっており主力の

自動車保険は若者の車離れ、通販チャネルの進出など市場の変化が起こっています。

保険代理店の今後は生命保険の販売強化が必須でありコンプライアンスの周知徹底し

勝ち残れるかが大きなポイントになりそうです。

代理店数も専業代理店がここ10年で14万店減少の3万4600店・・・。

ある意味良い傾向かもしれません!!!残る代理店は必ず何らかの力があります!!!

顧客ニーズを的確につかみ、意味あるプレゼンをし、顧客の感動を得てより庵した生活を

送って頂くために活きたアドバイスをさせて頂きます(^^♪

代理店自体も安心した生活を送れるように日々スキルアップを心掛け

業種・自分自身に自信を持って仕事をすることが顧客満足に必ず繋がる気持ちでギアチェンジします☆

                                   みらいふ保険サービス 勇

 

 

来店型保険ショップを考えるのTOPへ

ホームページ制作やWEBサイト作成ならハクケイ 大阪 高槻 茨木 吹田 枚方 箕面